スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山由紀夫、鳩サブレ。

「鳩とクラウジウスの原理」読了。

アニメっぽい表紙に惹かれてだけど、タイトル・イラストともに完結かつ明瞭に内容を表現していてステキ!
主人公・磯野を始め、登場人物は駄目人間ばかり。いとおしい。
「この世には必ず青い鳥がいるはずだって」「青い鳥?」「マイノリティでもちゃんと生きていける場所のことです」とか、「……たぶんね、世界がもし百一人の男と百人の女の子しかいなかったら、俺は一人だけ独りきりの男になるやろうね。それは確かなことなんや」「ヨッシー、俺もそうだよ。その中に俺も入ろう。独りきりの男が二人になる。ひとり余った女の子は、だれか別の男がなんとかしてくれるよ」とか、限りなく駄目だけれど暖かいやり取りに感じ入ってしまうのは、間違いなく私がそちら側の人間だからなのだろうけど。
ロンメルも犬さんもしっかり幸せになってるじゃん! おそらく磯野も!
うわあああん! うらぎり者! おまえらしっかり幸せになりやがれ!

作者の松尾祐一さんはデビューしたばかりの人みたいだけど、次の作品も読んでみたいですよっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フジムラ

Author:フジムラ
主にクトゥルフ神話で小説書いたりノベルゲーム作ったり。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。