スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トロール・ハンター。

珍しくもノルウェー映画。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」風のドキュメントタッチのダーク・ファンタジーというか、モンスター・パニック。
トロールのデザインが素朴に嘘っぽいので、「嘘だろー? 実話っぽく見せようとすんなよ!?」という妙な葛藤を抱かなくて良いのが高感度UP。ダレずに最後まで楽しめた!
若い人はモンハンのほう連想するのかもだけど、私的には「バンパイアハンターDでは、妖物ごとに専門のハンターが居るって設定だったよなあ……」と懐古中。OVA一作目も、今見ると寛大な気持ちで楽しめるかも。
ドリスのおっぱいも見れるしな!
ジョイスのユリシーズを大河百合小説だと信じる程度には乙女。
スポンサーサイト

アメリカンヒーロー的な。

巷ではなんかまたバットマンとかスパイダーマンとか流行ってるふんいき。
はやりを逃がさず借りてきたよ「モスマン」! まだ借りてなかったのか!
予告でUMAシリーズの一作とか謳ってたけど、「新・トレマーズ」撮ったスタジオじゃん! もうすでに駄作臭。ぞくぞくする。っていうか、マンドレイクもゴブリンもUMAじゃないし!
ともかく視聴。んー、あれ? 日本で言うと化け猫ものみたいな因縁ものというか、因果応報なストーリーライン? モスマンの都市伝説自体があやふやな物だけど、ネイティブアメリカンの呪いとか目を合わせると襲われるとか、作中オリジナル設定ばかりでなんともコレジャナイ感。モスマンネタなら、「プロフェシー」のほうがマシなのか? まだ見てないけど。

どんなストーリーラインなら満足だったのか妄想すると、都市伝説の断片を繋ぎ合わせて超常の存在を確信。その事により狙われる羽目に。襲われ、一人づつ犠牲になってゆく仲間達。追い詰められながらも、最後には怪物を封印―――って、教科書どおりのクトゥルフTRPGのシナリオっぽい! っていうかダーレス!?
結局、ホラーはシナリオがベタでも演出が丁寧ならそれで満足派という事で。「狂気山脈」映像化の話とかなかったっけ?

日曜ロードショー。

福山雅治のえろヴォイス聴くの忘れたのぜ! と悔やみつつ、米の調達の帰りにレンタル屋さんへ。
「gdgd妖精s」とどっちにするか迷いながらも、「ダーク・フェアリー」レンタル。いや、ちょっと嘘。昨日貸し出し中だったから返却待ってた。
ギレルモ・デル・トロ脚本・製作とか、舞台がロードアイランド州プロヴィデンスとかに期待してたけど、設定がどストライク。アーサー・マッケンベースか! 過去の因縁として語られる画家がブラックウッド姓なのも狙っての事か!
「パンズ・ラビリンス」と同じく、小さい女の子が酷い目にあったり、完全なハッピーエンドで終わらないけれど、血まみれのショッキングさで驚かすのでなく、伝承がベースだったり、適度に謎解きがあったりで、ゴシックホラー好きにおすすめなふんいき。歯の妖精の話は聞いた事あるけど、レビューサイトでは“邪悪な”妖精とか書かれてる。歯と交換にコイン貰えるから良いやつなんじゃあ?

ちなみにシルシルの「ピクちゃぁん?」って巻き舌の呼び方が耳について離れない。

ホラーの盛り合わせ。

TSUTAYAのカード更新。
一本サービスらしいので、ジョン・カーペンター監督「ザ・ウォード」をレンタル。
「遊星からの物体X」のリメイク進んでる?
あとはクライヴ・バーガー原作「ミッドナイト・ミート・トレイン」と、クリストファー・リー主演の「吸血鬼ドラキュラ」。
いいかんじにサスペンスホラー、スプラッター、ゴシックホラーを選んだけど、見る順番が問題。
寝る直前にイヤなの観ると悪夢にうなされる!
迷ってるうちに近付く就寝時間。
作成中のシナリオでは主役でないらしいのでご立腹のアスキスたん。

新トレマーズ視聴。

なんかダメな映画を観たいきぶん!
ゲオのそれっぽいコーナーの前で、「モスマン」とどちらにするか10分ほど迷った挙句、「新トレマーズ」を準新作価格でレンタル。馬鹿しか寄り付かない棚だから邪魔にもならない!

SEIYAのチャットをしつつ、つらつら視聴。結果、思った以上にダメだったorz
トレマーズの方は、トリガーハッピーな夫婦とか、怪しい中国系とか、愛すべき駄目キャラたちが盛り沢山だったので、特撮のチープさとか、気になるどころか味として楽しめたけのだれど。
ぬるぬるの半端なCGとか、シリアスなつもりなんだろうけど練れてないシナリオとか、寒いばっかで笑えもせんわ!
モンゴリアン・デス・ワームってのはなぁ、もっとこう、でっかいわ、砂にもぐるわ、電撃を放つわ毒も吐くわで、UMAファンの夢と希望が詰まった生物なんだよ!
藤岡隊長が「おい、(吊橋は)絶対に揺らすなよ!」とか、「おいおい、(フンのサンプルは)一つで良いだろう。一つで充分だ」とか真顔で言ってくれたほうが、萌えるし燃えるわ!

くそう、「モスマン」借りてこよう。
プロフィール

フジムラ

Author:フジムラ
主にクトゥルフ神話で小説書いたりノベルゲーム作ったり。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。